自己破産のデメリット

弁護士や司法書士に借金の相談をする前に必ず司法書士・弁護士選びのポイントを一度ご覧ください。この事を知っておくだけでも債務整理で失敗する可能性が大きく減らせます。

債務整理〜自己破産のデメリット〜

まず一番の大きなデメリットは、

 

必要最低限の生活費や財産を除いて、それ以外の一定の財産を手放すことにあるでしょう。

 

また、例え自己破産の手続きが完了して免責許可の決定を受けたとしても、連帯保証人がいる場合には注意が必要です。

 

自分の自己破産手続きが全て終了し、借金が全て免除されたとしても、そのことは連帯保証人には影響しません。よって、債権者(貸金業者など)は連帯保証人に取立てを行うことになります。

 

ブラックリストに載る、資格制限や職業制限を受ける、官報に記載されるなどは民事再生など他の債務整理と同じですが、自己破産の場合にはそれ以外にも、裁判所の許可なしでは住所の移転や長期間の旅行は出来なくなってしまいます。

 

これは、債務者の逃亡や財産の隠蔽行為を防ぐためです。

 

また、郵便物などは債権債務の調査のために破産管財人に届けられます。

 

しかし債務者をこれらの郵便物を閲覧することも出来ますし、破産管財人に必要のない郵便物であれば受け取ることも出来ます。

 

スポンサードリンク


24時間借金相談を受付している事務所

事務所名 着手金 基本報酬 減額報酬 無料相談 対応地域 事務所 女性窓口
新大阪法務司法書士 無料!! 20,000円 10% 全国 大阪 ×
債務Lady 無料!! 20,000円 10% 全国 大阪
司法書士法人サナ 無料!! 30,000円 無料!! 全国 千葉・東京 ×
サナレディース 無料!! 30,000円 無料!! 全国 千葉・東京
近藤邦夫司法書士事務所 無料!! 20,000円 10% 全国 東京 ×
リライフ(弁護士サービス) 20,000円 20,000円 10% 関西 大阪 ×
樋口総合法律事務所 39,800円 19,800円 10% 全国 東京 ×
債務整理など法律家に借金の相談をするのが初めてという方ははじめての司法書士・弁護士選びのポインを必ずご覧ください。この事を知っておくだけでも債務整理を成功させるために大切な事をまとめておきました。

関連ページ

自己破産とは
自分では返済することが出来ないほどの多額の借金を、必要最低限の生活品を除いた全ての財産と引き換えに、債権者(貸金業者など)にその債権額に応じて公平に返済する手続きのことを破産といいます。
自己破産のメリット
一番の大きなメリットは自己破産によってこれまでの借金が全て帳消しになり、新たな再スタートを切ることが出来ることでしょう。

ホーム はじめての方へ 債務整理の流れ 過払い請求