債務整理(任意整理・過払い請求)の流れ

弁護士や司法書士に借金の相談をする前に必ず司法書士・弁護士選びのポイントを一度ご覧ください。この事を知っておくだけでも債務整理で失敗する可能性が大きく減らせます。

債務整理手続きの流れ

任意整理、過払い請求などの債務整理の流れは、どの事務所に申し込んでも基本的な流れは同じです。

 

一度依頼をしたら、あとは弁護士や司法書士が勝手に進めていってくれるので、
特に依頼者がやることはないんですよね。

 

依頼後は、委任された弁護士や司法書士が私たちの代理人として進めてくれるので、
依頼者が県外だろうと特に問題がないんです。
なので、全国対応で業務を進めることができるんですね。

 

次に一般的な流れの概要をまとめておきます。

 

 

 

(1)債務整理のお問い合わせ
まずはメール・電話などで気になった弁護士・司法書士に相談を申し込みます。
相談をする際は、無料相談を受付けているかどうか確認しておきましょう!

 

女性の方は債務Ladyサナレディースがオススメです。
気軽な相談でもOKだそうです。

 

 

(2)債務整理のカウンセリング
メールでの問い合わせをした後に、事務所から連絡があるので、
もしも連絡方法や時間を指定したい場合は、その旨を書いておくとよいでしょう。
ここまでが無料相談に該当する部分。

 

(3)債権者の取立てストップ
債務整理の依頼後、各種手続きに入ります。まず各債権者に介入通知を送ります。
介入通知とは専門家(弁護士・司法書士)が介入しましたと業者側に通知するものです。
この時点で債権者からの取立ては止まります。

 

急いで取立てを止めたい場合は、最初の申し込み時、またはカウンセリング時に伝えておきましょう。
最短即日で取立てを止める事も可能です。

 

※これ以降、各債権者とのやり取りは、依頼された専門家がが中心となって債務整理手続きを行います。

 

(4)取引履歴の調査及び債務の確定
各金融業者に取引履歴の開示を求め、それらの情報を元に、払い過ぎの利息の計算や和解交渉のために必要な計算が行われます。実はこの調査に1ヶ月ほどかかってしまいます。ただ、介入の通知を送った時点で取立てはストップしますので、この期間に返済する必要はありません。

 

(5)債権者との交渉
調査で計算した正しい債務額を元に、債務整理の方法(任意整理、自己破産、特定調停、個人再生)を決定し、和解交渉が進められます。この時に内容について確認がこちらに来ますので、納得できれば和解交渉成立です。

 

(6)返済開始
和解交渉が成立しましたら、各手続きの返済内容を元に返済が始まりますが、債務整理をする前と比べ返済額は減っているはずですので、月々の返済は楽になっているでしょう。

 

債務整理は専門的な部分が多く、一人で悩んでいても解決する問題ではないので、早目のご相談をオススメします。

 

スポンサードリンク


24時間借金相談を受付している事務所

事務所名 着手金 基本報酬 減額報酬 無料相談 対応地域 事務所 女性窓口
新大阪法務司法書士 無料!! 20,000円 10% 全国 大阪 ×
債務Lady 無料!! 20,000円 10% 全国 大阪
司法書士法人サナ 無料!! 30,000円 無料!! 全国 千葉・東京 ×
サナレディース 無料!! 30,000円 無料!! 全国 千葉・東京
近藤邦夫司法書士事務所 無料!! 20,000円 10% 全国 東京 ×
リライフ(弁護士サービス) 20,000円 20,000円 10% 関西 大阪 ×
樋口総合法律事務所 39,800円 19,800円 10% 全国 東京 ×
債務整理など法律家に借金の相談をするのが初めてという方ははじめての司法書士・弁護士選びのポインを必ずご覧ください。この事を知っておくだけでも債務整理を成功させるために大切な事をまとめておきました。

ホーム はじめての方へ 債務整理の流れ 過払い請求